2021 ホンダ フォルツァ750登場

欧州仕様に750cc、フォルツァ750が登場
 ホンダUKから、2021モデルとしてForza750(フォルツァ750)が正式発表されました。

 

 日本ではフォルツァのイメージとして、250ccクラスを代表するスポーツスクーターですが、欧州仕様の750ccの新型モデルはX-ADVをベースに開発された“GTスクーター”として発売されるようです。

 

倒立型フロントフォークを装備!

 

 NEWモデルとなる欧州仕様のフォルツァ750は、ハイパワー&高トルクの750cc並列2気筒エンジンを搭載。

 

 ワイヤー式によるスロットル、複数選べるエンジンモード、電子制御システムのHonda Selectable Torque Control(HSTC)、デュアルクラッチトランスミッションなど、最先端の機能が装備されています。今回は発表されたホンダ フォルツァ750について調べてみようと思います。

仁禮彩香さん、起業家、慶応大生のビジョン。父親は?

 


 

 

フォルツァ750には、最新機能が満載

 

オートマチック6速ミッション
 フォルツァ750はDCTによるオートマチック6速ミッションを装備し、4種類の走行モード+トラコンやシート下22Lスペースを備えています。

 

 またホンダ車で初めての採用となる、スマートフォンの機能をマシンと統合し、音声を使用しての通話・テキストメッセージ・音楽・ナビゲーションを管理できる「ホンダ スマートフォン音声制御システム」(左側のスイッチボタンで操作可能)やスマートフォンの充電等に欠かせないUSB端子も搭載。

 

 オールLED灯火類や5インチTFT液晶ディスプレイは、スマートフォン接続機能によりボイスコントロールが可能となっています。

 750ccの並列2気筒エンジンに、強靭なフレームや足周り、最新の電子制御システムの組み合わせからスポーティで機敏なハンドリングが楽しめそうです。

 さらに余裕のある足元のスペーや優れた防風性、実用性の高いアイテムなど、快適性と利便性、それに高いツーリング性能も見逃せない点です。フューエルタンク13.2Lの容量は、満タンで370kmを走破できるものとなっています。

 


 

 

New 2021 Forza 750

 

 

New 2021 Forza 750!

 

The new Forza 750 is coming soon. 14.10.20

 

 

 

X-ADVをベースに開発された“GTスクーター”

 

アドベンチャースピリット 
 ホンダの今までのラインナップから、新型モデルはX-ADVをベースに開発された“GTスクーター”として捉えられているようです。

 

 ホイールベース(1580mm)やキャスター角(27度)、シート高(790mm)や前後タイヤサイズ(F:120/70-17 R:160/60-15)などのスペックも共通となっています。

 

 外見のエクステリア的にもサペンションやスイングアーム、前後ブレーキやマフラー形状はほぼ同一です。

 エンジンも水冷並列2気筒SOHC4バルブ745ccとなっており、基本的にはX-ADVと共通レイアウトと受け止めることができます。

 

 相違点とすれば、動力性能については公表値から、最高出力43.1kW/6,750rpm、最大トルク69Nm/4,750rpmですので4psのアップとなっています。

 


 

 

ヤマハTMAXを追撃?

 

欧州で人気のTMAX
 欧州の中でも、イタリア国内ではヤマハTMAXを追い抜くほどの人気があるX-ADV。

 

 現地のバイク雑誌ではオール・イン・ワンバイクとしての側面、すなわち幅広い使い方ができる便利で快適なコミューターとしての評価が高くなっています。

欧州のなかでもイタリア国内の絶大なる人気のTMAX

 

 


 

 

HONDA FORZA 750 2021モデルスペック

 

HONDA FORZA 750[2021 model]
 欧州仕様の公表スペックです。

主要諸元
■全長2200 全幅790 全高1484 軸距1580 シート高790(各mm) 車重235kg
■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58.6ps/6750rpm 
7.11kg-m/4750rpm 変速機6段(DCT) 燃料タンク容量13.2L
■タイヤサイズF=120/70R17 R=160/60R15 
●価格:未発表 ●色:青、赤、銀、黒 
●発売時期:未発表

 


 

 

まとめ

 

日本への導入は未発表
 2020年11月現在、日本への導入については未発表となっています。また欧州における価格も未定です。
ユーロ5に適合しているということもあり、とても気になるバイクの1つとなっています。

 

 もうひとつ気になる装備の1つとして、ウインカー機能におけるオートキャンセル仕様というものがあります。急制動時にハザードが高速点滅しエマージェンシーストップシグナルもこのフォルツァ750には完備されているのです。

 

 ラジアルマウントキャリパーは、ブレーキングの安定性にも貢献しており、トータル的な安全面からみたフォルツァ750にこれからの方向性を見た気がします。

 


 

 

トップへ戻る