TikTokで流行した「失神チャレンジ」とは?

イタリア・パレルモの10歳の女児死亡
 2021年1月イタリア・パレルモにおいて、TikTokの「失神チャレンジ(ブラックアウトチャレンジ)」にトライした10歳の女児が、自らの首をベルトで絞め死亡する事故が発生。

 

 失神チャレンジに参加したとされる10歳の少女が死亡しことを受け、イタリアの捜査当局は、中国のバイトダンス(ByteDance、字節跳動)傘下のティックトックを捜査中です。

イタリア・パレルモ

 

 またイタリア警察は28日、動画投稿アプリ「ティックトック(TikTok)で失神チャレンジの動画を投稿して、自殺を扇動したとして、シチリア(Sicilia)島在住の女(48)を告発しています。

 

 失神チャレンジとは、脳を酸欠状態にすることで陶酔感を味わうものとして知られています。今回に限らずTikTokで流行していたチャレンジゲームでは、過去にも命を落とす事故が報告されています。

 

 今回は、TikTokで流行していたチャレンジゲームについて調べてみようと思います。


過去にも同様の事故が発生? ベナドリルチャレンジ

15歳の少女がベナドリルチャレンジで死亡
 昨年、2020年8月にはアメリカ・オクラホマ州の10年生(高校2年生)の15歳の少女が、TikTokで流行していた「ベナドリルチャレンジ」で死亡。

 

 ベナドリル(Benadryl)とは、花粉症などのアレルギー症状を緩和する抗アレルギー薬となっています。

 

 抗アレルギー薬のベナドリルをオーバードース(過剰摂取)することにより、幻覚を起こした少女は自らの姿をTikTokに投稿しようとしていました。

米オクラホマ州地図とベナドリル(Benadryl)

 しかし、大量のベナドリル摂取では発作や心停止が引き起こされることがあり、実際にも今回の悲劇につながってしまったのです。


TikTokに限らずYouTube上でも行われてきた危険なチャレンジ

ナツメグ・チャレンジなど
 TikTokやYouTube上で行われてきた危険なチャレンジには多種多様なものがあるようです。

 

 報告されたものには、香辛料のナツメグを水と混ぜ飲む「ナツメグ・チャレンジ」。

 

 またシナモンを口に入れ、水を飲まずに我慢する「シナモン・チャレンジ」があります。

ナツメグとシナモン

 

 検索すると驚いたことに、有名なユーチューバーも挑戦してします。しかしこれらは、アメリカの専門家に限らず多くの医療機関からも危険性が指摘されています。

コンセントチャレンジ
 TikTokで流行した「コンセントチャレンジ」は、コンセントに硬貨を入れるなどして火花を発生させるというもの。火災の危険性を指摘。
 アメリカの高校に駆けつけた消防隊員は、黒焦げになったコンセントと携帯電話の充電器、溶けてプラグにくっついた硬貨を発見したという報告が。

頭蓋骨破壊チャレンジ 
 頭蓋骨破壊チャレンジ(Skull Breaker Challenge)もTikTokで流行。3人の参加者により構成。中央の1人がジャンプしている間に、両脇の2人が後ろから足を引っ掛けるというもの。大抵の場合、真ん中の1人は派手に転倒するが、これにより多くの若者が骨折したり、頭蓋骨や脊髄などを損傷し体がしびれて動けなくなってしまった子どもいるようです。


そもそも「TikTok」とは?

短尺動画プラットフォーム
 2018年になってCMなどでやたらと目にするようになった「TikTok」というサービス。TikTokとはカンタンにいうと、15秒から1分ほどの短い動画を作成/投稿できる、短尺動画プラットフォームです。

 

 ユーザーは動画を撮影する際に「0.5倍速」「2倍速」と、速さを調節しながら撮影をしたり、アプリ内に実装されている特殊効果を活用して、ユニークな動画が誰でもつくれるようになっています。

 

 

TikTok(ティックトック)
 中華人民共和国のByteDance社が運営しているケータイ向け短いビデオ映像プラットフォームです。TikTokは2016年にサービスが開始され、2018年にはなんと世界で推定ユーザー数5億人という数値も報告されています。
 10代20代の若者を中心に驚異的な伸びを見せた動画特化型のSNSアプリです。


良き面もあった#アイスバケツチャレンジ、トランプ元大統領も挑戦していました。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援
 日本でも流行した「#アイスバケツチャレンジ」は、米大学野球の元選手で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療研究支援を目的に始まったアイスバケツチャレンジ(Ice Bucket Challenge)。

 

 バケツに入った氷水をかぶるか、アメリカALS協会に寄付するというものでした。多額の寄付を集めた素晴らしいチャリティー運動ですが、一方で消防車を利用して水を浴びるパフォーマンスに協力していた消防士が誤って電線に接触して感電死するなどの死亡事故も発生しています。

 

 米大学野球の元選手で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療研究支援を目的に始まったアイスバケツチャレンジ(Ice Bucket Challenge)。

 


今もTikTok、YouTubeやInstagramで起きた危険が繰り返されている。

危険の繰り返し
 こうしたSNS上での危険性は後を絶ちません。1月23日もパキスタンで22日、線路上を歩きながら動画投稿アプリ「ティックトック(TikTok)」の動画を撮影していた少年が、列車と衝突し死亡しました。

 

 事故が起きたのは首都イスラマバード近くの都市ラワルピンディ(Rawalpindi)近郊のシャーハリド(Shah Khalid)。警察と救急当局が23日、明らかに。

 

 SNSでの拡散の在り方やバトンを受けた側の対処方法、子供達の動画に対する現状を大人サイドからもう一度見直す時期を迫られているようにも思います。

 

 しかしながら、TikTok、YouTubeやInstagramで起きた危険な事例はこれからも繰り返されていくでしょう。


トップへ戻る