ハリアー口コミ・評価は?

2020年6月4代目登場
 トヨタの代表的SUVである「ハリアー」。

 

 1997年に初代がデビューし、2代目、3代目、そして遂に2020年6月に最新モデルとなる4代目が発売されました。

 

 ハリアーといえば、高級SUVでありながら流麗でスタンスの良いプロポーションという初代からのスタンスは変わっていません。
 何よりも驚いたのは、発売1年で9万9954台というほぼ10万台に近い販売台数でしょう。

 

 すべてのトヨタ販売店で購入が可能な新型ハリアーは、実際に大人気のRAV4よりも売れており、正直を言えば価格差も近いものがあります。

RAV4

 RAV4の購入検討者が価格帯から考え、どうせなら高級なハリアーへという現状もあるようです。

 

 今回は、4代目の売れすぎハリアーについて調べてみようと思います。

 

TikTokで流行した「失神チャレンジ」とは?Choking game?


ハリアー口コミ・評価は?

細く、鋭く、横一文字に光るテールランプ
 新型ハリアーの評価の1つに、リアまわりのエクステリア処理の良さがあげられるでしょう。細く、鋭く、横一文字に光るテールランプとストップランプが圧倒的な存在感を醸し出しています。

 そう、微妙なデザインですが、少なからずポルシェ911、ポルシェ カイエンのリアテールを彷彿させるようなリアライトバーが、印象的ですね。

 

ポルシェ911の特徴の1つが、この1本の赤いライトバー。

 最近はレクサスUX、新型のISも驚くほど細い横基調となっています。

 

2024年に発行される1万円札の「顔」、渋沢栄一とは?


残念なウインカーテール

2022年1月現在も納車待ち状況
 世界的な半導体不足などの影響もあり、大人気のハリアーの納車待ちの状況は変わっていないようです。洗練されたリアビューですが、残念な点がこのウインカーの位置です。

 

 後続車からの視点の低さや(見えずらい)、小さなウインカーと設置された位置が不満といったコメントがあるようです。評価が別れる点でしょう。

 

 トヨタの開発者によれば、テールランプのシャープなラインの強調から薄型にしたことで、ウィンカーユニットはあえて別体にしたそうです。

 

安田成美さんは韓国人?本名は?

ハリアーのフロントグリル・鷹のエンブレムはどこに?

鷹の一種「チュウヒ」(Harrier)
 1997年12月に初代ハリアーがデビューして以来、3代にわたりフロントグリルにおさめられてきた鷹マーク。

 

 正式には、鷹の一種「チュウヒ」(Harrier)をモチーフにされています。

 

歴代のフロントグリル

 3世代20年以上続いた誇らしげなハリアーのシンボル、鷹のエンブレムが、4代目からはトヨタマークにあっさりと変更されています。

 外見からは姿を消しましたが、室内のドアパネル(レザー部分)にはきっちりと鷹マークが確認できますね。

 

藤本美貴さん、在日韓国人だった。


北米市場で販売中のVenza(ヴェンザ)

トヨタのGA-Kプラットフォームを採用する新型Venza
 画像は北米市場と中国でも販売中のVenza(ヴェンザ)。正しく4代目のハリアーですね。

 

 世界戦略車として、鷹マークから世界共通のトヨタマークへと変更された要因かもしれません。

 トヨタのGA-Kプラットフォームを採用する新型Venza。高効率の直列4気筒DOHC 2.5リッターエンジンに、3つのモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレーンの4WDモデルとなっています。

 前後輪のトルク配分はフロント100:リア0からフロント20:リア80まで。
 システムの最高出力は219HP、走行モードは「NORMAL」「ECO」「SPORT」に加え、低速時にモーターのみで走行可能な「EVモード」も用意されています。

 

 

伊原凛さん、松本人志の妻は在日韓国人だった?

 

第二種電気工事士になるために


ハリアーの納期とMCについて

2022年秋のMCもしくは改良予定?
 ハリアーの契約者の方には既に、現行モデルの工場生産終了が2022/8/末と連絡があったようです。

 

 2022年秋頃のMCもしくは改良を予定しているという内容ですが、契約・納車待ちと重なり判断も難しい所でしょう。

 

 

 

仁禮彩香さん、起業家、慶応大生のビジョン。父親は?


トップへ戻る