久保田 利伸さんを悩ましたメニエール病とは?

久保田 利伸さん
 『TIMEシャワーに射たれて』、『LA・LA・LA LOVE SONG』などの有名曲を手掛け、R&Bを日本国内に認知させた久保田 利伸さん(1962年7月24日生まれ)。

 

 実は久保田 利伸さんが42歳(2006年)の全国ツアー中に、難病と言われる「メニエール病」発症。これにより予定していたコンサートが延期に追い込まれるということがありました。

 

 ですが久保田 利伸さんは、その直後から治療に専念し、年内のコンサートツアーを再開しました。

 

 2022年現在、「メニエール病」の再発はなく、精力的に音楽活動を続けているようです。

 

 今回は、このメニエール病について調べてみようと思います。

 

松本人志の妻、伊原凛さんは在日韓国人だった?


ひどいめまいを主な症状とするメニエール病とは?

ひどいめまいを主な症状とするメニエール病
 有病率は人口10万人当たり約15〜18人がメニエール病または症候群で悩まされているといいます。

 

 この2つの線引きとしてメニエール病、発症の原因がわかっている場合はメニエール症候群とよばれています。

 

 症状としては、めまい(めまい感)、難聴、耳内の圧迫感、および耳鳴(耳内で響く騒音)を引き起こします。

 めまい感の発現は、立てないほどの激しい回転性めまい(1〜6時間、最大24時間)があげられ、片側の耳の低音域が障害される難聴、耳鳴り、詰まり感のほか、悪心、嘔吐を発作的に繰り返し、発汗、下痢、歩行不安定などを併発する内耳の難病とされています。

 メニエール病は、内耳にあるリンパ液が増える病態であるということ以外、病気の原因が明らかになっていないのが現状のようです。

 

安田成美さんは韓国人だった?本名は?


発症する年齢層は?原因は?

内耳性の症例を報告したことに由来
 厚生省特定疾患研究班調査によると、30歳代後半から40歳代前半をピークに女性に好発するようですが、性別を問わず20歳〜50歳代の働き盛りの人もかかりやすく、高齢者の発症もあるようです。

 

 耳の奥にあります内耳の内部は、内リンパ液で満たされています。

 平衡感覚の維持に重要な働きをしていますが、内リンパ液の内圧と体積の変化によって内リンパ液の調整と平衡感覚が乱れた場合、内耳に内リンパ水腫(水ぶくれ)が発生します。

 

 また同時に前庭と蝸牛の働きが阻害され、感覚細胞が圧迫されていきます。この状況がメニエール病の発症のメカニズムとされています。

 

 ちなみに疾患名は、フランスの医師プロスペル・メニエールが1861年にめまいの原因に内耳性の症例を報告したことに由来しています。

 

井川 遥さんは、在日韓国人3世?


メニエール病の治療方法について

メニエール病の治療方法について
 現在、メニエール病に対する標準的な治療はなく、食習慣の変更から薬物まで選択肢があります。

 

 一般的には、メニエール病と診断されたら薬物療法による対症療法が中心になります。症状を緩和する透圧利尿薬、抗不安薬、制吐薬、抗ヒスタミン薬、ベンゾジアゼピン系薬剤の服用や手術(内リンパ嚢開放術、ゲンタマイシン鼓室内注入術)を行います。

 

 メニエール病の症状の種類や重さに合わせて、血流改善剤・利尿薬・精神安定剤・自律神経調整剤などを活用します。

 メニエール病の発作は、ストレスや心身の疲労が蓄積するほど起こりやすくなります。ひどい発作が起きるようであれば、点滴または注射を行います。

 

 病院によっては、利尿効果を目的として、水分を普段より多めにとるという飲水療法をすすめているようです。

 

藤本美貴さんは、在日韓国人だった。


「メニエール病」と向き合う芸能人は?

「ピンクレディー」の増田恵子さん
 970年代後半に活躍した2人組「ピンクレディー」。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけ、「ペッパー警部」や「渚のシンドバッド」、「UFO」など有名な曲をリリースしています。

 

 ケイで愛された増田恵子さんは、20代前半頃に前触れ無く突発性難聴を発症し。

 

 52歳(2010年)のときに、「ピンクレディー」の活動を再開。この年に受けた検査でメニエール病と発覚したのです。

 

和田アキ子さんは在日韓国人2世?


アイドルユニット「タッキー&翼」の今井翼さん

2014年11月にメニエール病と診断
 アイドルユニット「タッキー&翼」の翼こと、今井翼さんは2014年11月に激しい回転性のめまいや難聴などの症状から、メニエール病と診断されて入院し、療養されています。

 

 ですが2018年に再発したため、芸能活動を休止。その後ジャニーズ事務所を退所し、アイドルユニット「タッキー&翼」も解消されています。

 

在日韓国人だったアンミカさん。


まとめ

 ゆっくりとストレスの原因を見つめ直してはどうでしょう?
 メニエール病は難治性の高い難病です。財団法人難病医学研究財団の報告からは、肥満の人よりも健康体、他人に迷惑をかけてしまった時にそのことを大変苦にされたり等、几帳面なかたがなりやすいとも言われています。

 

 さらにメニエール病の発作は、ストレスや心身の疲労が蓄積するほど起こりやすくなります。結果的に発症には精神的ストレスや肉体的疲労、睡眠不足が引き金になるようです。

 

 ゆっくりとストレスの原因を見つめ直したり、生活習慣を正すことも必要だと思います。

 

2000年代のビッグスクーターのながれ


トップへ戻る