鷲見玲奈、家ついて行ってイイですか?で告白

いじめを受けていた過去
 テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサー(29)が3月18日、本人がレギュラー番組を務める、同局の「家、ついて行ってイイですか?」(水曜後9・00)に出演。
いじめを受けていた過去を明かした。

 

 家、ついて行ってイイですか?の特別編として同局を3月いっぱいで退社する鷲見アナ。


 今回は岐阜県の実家まで同行する企画となり、学生時代からテレビ東京に入社するまでの就職活動を番組内で報告し、高校生の時の制服を着てみせ、ルーズソックス姿も披露する一面も。

学年全員から無視された

学生時代に苦しかった出来事を回顧
 番組のエピソードでは、中学3年生の(体育祭で)応援団長をやっていた時に、みんなの前で仕切って話すのを気に入らないと思った人がいて、机の中に手紙が入ってたりとか、靴箱に手紙が入ってたりして、筆跡が分からないように定規で『男に媚び売りやがって』とか『死ね』と記入された出来事も。

 

 そして学年全員から無視されたとも告白し、誰も口を聞いてくれない時期があったと語った。


いじめの理由について

男の子といた方が楽
  いじめの理由について聞かれると、男兄弟に挟まれているのもあって、わりと性格も男っぽかったと話す。

 

 また、女の子とつるむより、男の子といた方が楽というのもあって(周囲は)気に入らなかったのかなと推測。

 

 でも誰が(陰口を)言ってるかも当時は分からなったので、積極的に(全員に)話しかけるように。それに負けたくない気持ちだったと振り返った。

 

 この立ち向かう気持ちや精神力は素晴らしいですね。


もう一人の日高玲奈として

芸能事務所に所属
 そして番組の中では、高校生から大学生時に芸能事務所に所属していたことも明かします。当時の芸名は日高玲奈で活動していたことも告白。

 

 


3月いっぱいでテレビ東京を退社

感謝の気持ちでいっぱい
  今回の家、ついて行ってイイですか?は、鷲見アナの卒業スペシャルといってもいいかもしれません。自らの過去を明かしつつ、最後にはテレビ東京には感謝の気持ちがいっぱいなのは事実と締めくくった。

 

 4月1日からセントフォースに所属ことが明らかになっています。


トップへ戻る