歴史年表、重要事項を網羅し、語呂合わせ付き!!

飛鳥時代
 崇峻天皇5年(592年)から和銅3年(710年)の118年間にかけて飛鳥に宮・都が置かれていた時代で、推古天皇元年(593年)に聖徳太子が摂政になり持統天皇8年(694年)に藤原京への移転までの約102年間を飛鳥時代と呼んでいます。

 

飛鳥時代
587 丁未の変。
589 隋の文帝が南北朝を統一。
593 推古天皇が聖徳太子を摂政とする。国民 (593)歓迎太子の摂政
593 四天王寺を難波につくる。
594 仏教興隆の詔が出される。
600 史料上初の遣隋使派遣
603 冠位十二階制定。
604 憲法十七条制定。群れよ (604) 人々憲法発布
607 小野妹子らが遣隋使として派遣。
群れな (607) す遣隋使
607 法隆寺の創建。
618 隋が滅び、唐が興る。
622 聖徳太子が斑鳩宮(いかるがのみや)で死去。
630 遣唐使の派遣(〜894年)。
643 蘇我入鹿が聖徳太子の子山背大兄王を攻め滅ぼす。
645 大化の改新。 むし米 (645) たいて祝おう大化の改新
646 改新の詔。
658 阿倍比羅夫が蝦夷征討を行う。
663 白村江の戦い。
667 中大兄皇子が近江の大津宮に遷都。
668 中大兄皇子が天智天皇として即位。
668 近江令を編纂させる。
670 初の全国的戸籍である庚午年籍(こうごねんじゃく)がつくられる。
671 天智天皇が大津宮で死去。
672 壬申の乱が起き飛鳥京に遷都する。

ロクナニ (672) んげんじゃない

673 大海人皇子が即位し天武天皇となる。
680 薬師寺建立。
683  富本銭を鋳造
684 天武天皇が八色の姓(やくさのかばね)を定める。白鳳地震、諸国で官舎・民家が倒壊。
689 持統天皇が飛鳥浄御原令施行。
690 庚寅年籍をつくる。
694 藤原京に遷都し、初の都城。
701 大宝律令制定。
なまる (701)人にも大宝律令
708 武蔵国から銅が献上され、和銅と改元される。和同開珎が鋳造。
菜っぱ (708) と交換、和同開珎

 

奈良時代
 奈良時代とは和銅3年(710)から延暦3年(784)までの74年間続いた奈良の役人と貴族と坊主が天下を治めた時代をさします。唐や朝鮮との交通、仏教の興隆などにつれて、日本の文化や芸術が大きく開花した時代でもあります。

 

奈良時代
710 元明天皇が平城京に遷都する。
なんと (710) 素敵な平城京
711 蓄銭叙位令が出される。
712 古事記成立。
713 諸国に『風土記』をつくる命が出される。
718 養老律令の成立。
大差ナイヤ (718)養老律令
720 『日本書紀』の成立。元正天皇に奏上。
何を (720) 書こうか日本書紀
723 三世一身法(養老七年の格)制定。
何! 三(723)代まで所有できるの?
724 聖武天皇即位。
724 多賀城建設。鎮守府配置。
727 第1回渤海使。
729 長屋王の変。
729 聖武天皇の后に光明子(光明皇后)を冊立。
730 興福寺に施薬院設置。
737 藤原四子が天然痘で次々に死去。
ナミだナ (737) みだで四子没
740 藤原広嗣の乱。
741 国分寺建立の詔が出され、諸国に国分寺・国分尼寺を造らしむ。
743 墾田永年私財法発布。
(743) になった私財法
743 墾田永年私財法を定める
751 懐風藻。
752 盧舎那大仏が完成し、東大寺大仏の開眼供養が行われる。
おなごに (752) 似てる優しい大仏
754 唐僧鑑真、来朝して律宗を伝える。
756 東大寺正倉院に聖武天皇の遺品が納められる。
757 養老律令施行。
757 橘奈良麻呂の乱
764 (恵美押勝の乱)
765 道鏡、太政大臣禅師となる。
766 道鏡が法王に。
769  宇佐八幡宮神託事件
770 称徳天皇が急死し、道鏡が下野へ追放される。
770年頃 『万葉集』成立。
781 桓武天皇即位。
782 氷上川継の乱
784  長岡京に遷都する。

 

平安時代
 平安京遷都(794)から鎌倉幕府の成立までを指します。

平安時代
794 桓武天皇が平安京に遷都する。
鳴くよ (794) うぐいす平安京
797 坂上田村麻呂が征夷大将軍に任命。
泣くな (797) 行ってこい
801 坂上田村麻呂、蝦夷を平定する。
802 胆沢城が築かれ、多賀城から鎮守府が移される。
804 最澄(伝教大師)と空海(弘法大師)が唐に渡る。
唐の国で勉強やれよ (804)
805 延暦寺(比叡山)を拠点に天台宗をひらく。
805 藤原緒嗣の建議により、蝦夷征討・平安京造営が中止。
810  蔵人所を置き、初代蔵人頭に藤原冬嗣らが任命される。
ハット (810) おどろく薬子の変
810 藤原薬子と兄の藤原仲成が政変を起こす(薬子の変)。
814 最初の勅撰漢詩文集『凌雲集』ができる。
816 空海が唐より帰国し、金剛峰寺(高野山)や教王護国寺(京都)を拠点に、真言宗を伝える。
816 検非違使を置く。
820 藤原冬嗣らが弘仁格式を編纂する。
828 空海が庶民教育機関として綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)を建てる。
833 清原夏野らにより、養老令の官撰注釈書、令義解の撰上。
838 天台僧円仁が唐に入る。
842 藤原良房が伴健岑らを失脚、恒貞親王を排す(承和の変)。
箸に (842) も棒にもかからない承和の変
858 藤原良房が摂政の職務を行う。
866 応天門の変。
869 貞観地震、陸奥国地大震動、大津波。
878 元慶の乱
887  藤原基経、関白となる(関白の初め)。
888 宇多天皇が、藤原基経を関白とする。阿衡事件
基経怒ってパッパッパ (888)
894 菅原道真が、 遣唐使を廃止する。
白紙 (894) にもどす遣唐使
900年頃 国風文化が進み、「竹取物語」「伊勢物語」が記される。
901 昌泰の変(菅原道真、大宰権帥に左遷される。)
902 延喜の荘園整理令が出され、最後の班田が行われる。
903 菅原道真死去。
905 『古今和歌集』が醍醐天皇の命で編纂される。(最初の勅撰和歌集)
914 三善清行が、醍醐天皇に地方政治の混乱ぶりを記した「意見封事十二箇条」を奉上する。
927 延喜式の撰上
935年頃 紀貫之が『土佐日記』を著す。
937 官符を下して、平将門を追捕せしむ。
939 平将門が常陸・上野・下野の国府を攻め落とし、新皇と称す(平将門の乱)。
939 藤原純友の乱(天慶の乱)
940 貞盛・押領使藤原秀郷ら、平将門を誅する。
958 乾元大宝(けんげんたいほう)が鋳造。(皇調十二銭の最後)
969 藤原実頼が左大臣源高明を大宰府に左遷(安和の変)。
985 源信(恵心僧都)が『往生要集』を著す。
986 慶滋保胤が『日本往生極楽記』を著す。
988  尾張の郡司・百姓ら、国守藤原元命の非政を訴える(国司苛政上訴)。
995 藤原道長が内覧となる。
1000年頃 清少納言が『枕草子』を著す。
1011年頃 紫式部が『源氏物語』を著す。
1016 藤原道長が摂政となる。
遠いム (1016) カシの摂政、藤原道長
1017 藤原頼道が摂政となる。
1019 刀伊の入寇
1020 藤原道長が法成寺建立。
1028  平忠常の乱
1045 寛徳の荘園整理令。
1051 安倍頼時らが国司に反抗。源頼義・義家父子が豪族清原氏の助けを得て平定する(前九年の役)。
1053 藤原頼通が宇治に平等院鳳凰堂を建てる。阿弥陀堂の代表的遺構。
1069 後三条天皇が延久の荘園整理令を出し、記録荘園券契所(記録所)を設置。1045年以降の新立荘園等が停止される。
登録 (1069) しよう券契所
1073 院の蔵人所を置く
1083 源義家が、藤原清衡を助け清原氏を滅ぼす(後三年の役)。
1086 白河天皇は幼少の堀河天皇に譲位し、自らは上皇(院)となって院政を始める。
入れてやろ (1086) うか白河の院政
1095 院の御所を警備するため、北面の武士が設置。
1096 永長地震、東海道大津波。
1098 源義家、昇殿を許される
1105 藤原清衡が平泉に中尊寺金色堂を建てる。
1129 鳥羽上皇の院政が始まる。
1132 平忠盛、昇殿を許される。
1156 皇位継承を巡り、崇徳上皇と後白河天皇が対立し、後白河天皇側が勝利する(保元の乱)。
いい頃 (1156) 清盛保元の乱
1159 平清盛と、源義朝・藤原信頼の間で乱がおき、清盛側が勝利(平治の乱)。
人々ご苦 (1159) 労平治の乱
1167 平清盛が太政大臣に。
統一むな (1167) し平隆盛
1169 後白河法皇が『梁塵秘抄』を編集。
1173 日宋貿易起きる。
1175 源空が専修念仏を唱える(浄土宗)。
1177 平氏打倒計画が発覚(鹿ヶ谷の陰謀)。
1180 後白河法皇の皇子以仁王の平氏追討の令旨を受け、源頼朝が伊豆で挙兵。
1180 源頼朝が侍所を置き、和田義盛を別当に任ずる。
1180 南都焼き打ち。
1181 墨俣川の戦い
1183 倶利伽羅峠の戦い
1184 一ノ谷の戦い。
1184 問注所設置。

トップへ戻る