YCC-ATの原点出し作業(原点初期化)について

Vベルト交換後は
 SG20J、4D9型マジェスティのVベルト交換後に初期化作業をされていますでしょうか?

 

 ヤマハ・チップ・コントロールド・オートマチック・トランスミッション(YCC−AT)では、プライマリーシーブ(回す側のプーリー)にはウェイトローラーがなく、モーターで制御しています。

 

 そのためVベルト交換の際には、その都度プライマリーシーブの原点出しを行う必要があります。


エラーコード74 が表示される?

エラーコード74 が表示
 Vベルト交換後の初期化作業をしなかった場合、このエラーコード74が表示されます。

 

プライマリーシーブの原点出しに対する初期化方法です。

 

 エラーコード74が発生した場合には、参考にしてください。ECUの基準確認のようなものです。

 

 プライマリーシーブの原点出しに対する初期化方法になります。プーリーのないモーター制御方式の原点出しです。Vベルト交換の際には以下の作業が必須になります。

 

1.イグニッションoffの状態にします。
2.「セレクト」と「リセット」を押しながら、メインスイッチONを押したまま、起動開始後2、3秒後にメーターにdiagが表示されます。
3.「セレクト」「リセット」を用い、78を選択しキルスイッチONにして下さい。

 

 プライマリーシーブ(回す側のプーリー)にはウェイトローラーがなく、モーターで制御しています。

 


エラーコード73が表示したとき

エラーコード73 プライマリーシーブポジションセンサーの断線又はショート
 プライマリーシーブポジションセンサーの断線又はショートです。

 

エラーコード73の補足事項になります。
 通常は下記の項目クリアで、MODEASSISTの点滅が消えます。

 

導通は、カプラのピン、接続シーブ位置が規定値内でしょうか?

 

1.diAGを起動し、診断コード71に合わせます。
2.YCC-ATの3つのギアの内、左下のセンサーにつながるギアを回し、規定値に合わせる。(0.4−2.5内)
3.ギアのカバーを閉じて下さい。
4.diAG78で、シーブの原点の初期化行ってください。
6.メインスイッチをオフにしてdiAGを閉じて下さい。
7.再度、メインスイッチをオンにします。

 エラーコードについていくつか記載しています。参考にしてください。
4D9型ヤマハマジェスティ エラーコード

 


トップへ戻る