スマートキーが反応しないときは?

会社帰りのトラブル
 通勤先からの帰宅時、フォルツァMF08のスマートキーの電池切れによりエンジン始動ができないときがありました。

 

 JAFもしくはチューリッヒ保険のレッカーを依頼しようか迷いつつ。

 

 確か、フォルツァの説明書があった筈。でもシートの中。

 落ち込みながらスマートキーを眺めていた時に、メカニカルキーの存在をふと思い出しました。今日はそんな過去の困った時の対処方法をお伝えします。


スマートキーの紛失、電池切れのときには

エンジン始動方法
 フォルツァMF08のスマートキーの紛失や、ボタン電池切れの時のエンジン始動方法です。必要とするのは、メカニカルキーIDタグです。

 

 

リッドオープンボックス内での作業

1.画像の水色部分のリッドオープンボックスを開きます。
2.ボックス内のキーシリングにメカニカルキーを差し込みます。
3.メカニカルキーを時計まわりに回します。シートロックコンソールボックスが同時に解除されます。

 

フロントシート内での作業

4.メカニカルキーでフロントシートを開けます。
5.バッテリーカバーを外します。
6.ツメでとまっている黄色のダミーカプラを外します。
7.黒い携帯工具内のEMカプラーを代わりにつなぎます。
(短絡させる行為ですね。IV線などでも代用が可能です)

 黄色の丸枠が、ダミーカプラになります。

IDタグの数字を入力しましょう

メインスイッチノブ

メインスイッチノブを押してスタート
 画像のメインスイッチノブを1回押すことにより青く点灯。
ID入力モードになります。

下のボタンがシートオープナーになります。

 

ID番号の入力方法について(例)

数字の@シートオープナーを1回押しメインスイッチノブも1回押します
数字のAシートオープナーを2回押しメインスイッチノブも1回押します    
数字のBシートオープナーを3回押しメインスイッチノブも1回押します
数字の0はシートオープナーを押さずにメインスイッチノブを1回押して決定

 

 上記の手順ですべての数字を入力します。

 


照合が正しいときは

照合が正しければメインスイッチノブの操作がOK!
 全ての数字の照合が合致していた場合、メインスイッチノブの操作が可能になります。

 

 これで、ようやくエンジン始動ができます。

 

 

 ただし、このID入力によるスイッチノブの操作は1回しかできません。
この後に、ダミーカプラを外して下さい。


照合が間違っていると

照合が間違っていると
 間違ったID入力がなされたとき、メインスイッチノブは青色に点滅します。最初からやり直してください。

 

 EMカプラーも一度抜き、再度さしたうえで最初からやり直しが必要となります。

電池交換のおしらせ

5回点滅したら
 メーター内のカードキー表示灯が5回点滅した場合、電池の消耗が考えられます。早めの電池交換をしましょう。

 

 

交換用ボタン電池は CR2032 となります。

トップへ戻る