初代マジェスティ250

1995年MAJESTY(マジェスティ)250発売
 新開発の250cc水冷単気筒エンジンに開発コンセプトは”スポーツ性と快適性を兼ね備えたプレステージコミューター”。

 

 気になる装備は前後12インチタイヤに、前輪のブレーキキャリパーが2ポッド。
それに調整が可能な可変バックレストを装備し高剛性フレームにハイパワーなエンジンを積載。

 

 実はこの当時のビッグスクーターのライバル車として、ホンダのフュージョンが既に発売中でした。

 

 そう直線ラインの独特なスタイルは、外観のデザインに対する賛否が2分するでしょう。250CCクラスのビッグスクーターの全体像の中で、このスポーティーなエアロデザインのマジェスティが登場したのです。

 

 


長距離走行時の一層の快適性

初代モデル HC型
 ビッグスクーターの所有者の用途として、日常の通勤やオフの時などのツーリングを主な目的としていました。

 

 開発コンセプトの一つ、ユーザーのニーズとして”長距離走行時の一層の快適性”が具体的にあげられ、そのスポーツ性と快適性を兼ね備えたプレステージコミューターとして初代マジェスティが登場したのです。

 

 ツーリング時でもシート下には大容量収納スペースを確保し、二人でゆったり気軽に楽しめる、新感覚の250ccスクーター。
 実用性と快適性を兼ね備えたマジェスティは急速に支持層を広げていったのです。

 初代「マジェスティ250」
全長×全幅×全高:2,110×765×1,330mm
ホイールベース:1,500mm
シート高:700mm

 

車両重量:147kg(乾燥)
エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / SOHC2バルブ
内径×行程:69.0×66.8mm
?総排気量:249cc

 

圧縮比:10.0
最高出力:21PS / 6,500rpm
最大トルク:2.4kgf・m / 5,500rpm


圧倒的な人気の1台に

世界累計では10万台
 初代マジェスティ250の人気はその数値にも顕著に表れています。

 

 年間販売数約一万台、249CC以下の部門売上が第一位に。

 

 
 世界累計では10万台という販売台数も記録しています。


トップへ戻る