「誰かが、見ている」三谷幸喜×香取慎吾9月18日配信スタート

7年ぶりの共演 
 人気脚本家、三谷幸喜氏(59)が脚本・演出を務める話題作。Amazon Original ドラマシリーズ「誰かが、見ている」に稲垣吾郎の出演が決定し、主演の香取慎吾と7年ぶりの共演となります。

 

 香取と稲垣の共演作品は、2013年のバラエティー番組「SMAP GO!GO!」内で行われた三谷演出・脚本の生ドラマ企画「『古畑 VS SMAP』その後…」以来です。
 


 香取は「吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でしたね」と語る。
稲垣も「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしているときの彼とは違うので、面白かったし、嬉しかったです」とお互いの印象を述べています。

 

 Amazon Prime Videoのプライム会員向けサービスが日本で開始されてから5周年。「誰かが、見ている」は、Amazonが企画から参加した日本オリジナルドラマシリーズの第1弾となります。2人の共演で話題を呼びそうですね!


稲垣が演じるのは、日本を代表する演歌歌手のレッツ大納言!

 稲垣は、日本を代表し海外でも活躍するスターのレッツ大納言を演じます。一方、香取が演じるのは、ありえない失敗ばかりを繰り返す主人公の舎人真一。
 ティザー予告編では、偶然にも舎人の大ファンになってしまったレッツが、本人に会いたい一心で舎人を訪ねるシーン。
この2人が絡んで物語が大きく動くことになっていくのです。

 

 

 

 一風変わった魅力があふれるキャラクターを生んだ三谷氏は「舎人真一君は、ただ生きているだけで面白い。そういうキャラにしたかったのですが、そんな役を演じられる俳優は日本に一体何人いるんだろうと思います。喜劇俳優・香取慎吾の本領発揮です」と、香取の演技を大絶賛しています。


「誰かが、見ている」ティザー予告編

Amazon Original 新ドラマシリーズ『誰かが、見ている』

Amazon Original 新ドラマシリーズ『誰かが、見ている』
配信: 2020 年 9 月 18 日(金) Amazon Prime Video にて独占配信

 

脚本/演出: 三谷幸喜

 

出演: 香取慎吾、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ、稲垣吾郎

 

制作プロダクション:株式会社 ギークサイト、株式会社ギークピクチュアズ

トップへ戻る