理想の学校も会社も自分でつくる仁禮彩香さん。父親は?

ハーバード・ビジネス・レビューU-40経営者20人に選出
 仁禮彩香(にれい あやか)さんは現在23才。現在、慶應義塾大学の総合政策学部に在学中です。

 

 中学2年生の時に1社目の会社を設立、教育関連事業・学生/企業向け研修などを展開。

 

 高校1年生の時には、彼女自身の母校でもある湘南インターナショナルスクールを発展支援の目的で買収!経営を開始しています。

>

特定非営利活動法人 湘南インターナショナルスクール

http://www.shonan-is.org/

<所在地>神奈川県藤沢市大鋸935-5 1994年 6月設立

<代表者>理事長 岩沢徳代 ゲイティ

 2016年8月4日19才のとき、株式会社Hand-C(現TimeLeap)を設立し、教育ソリューション事業・研修事業・学校コンサル事業を手掛け、ハーバード・ビジネスレビューが選ぶ未来を作るU-40経営者20人にも選出されています。

 

 起業家としての仁禮彩香さん、経歴や考察力、父親についても調べてみようと思います。

 

福島県の郡山女子大学のコロナ感染、女性教授の人物像


14歳で起業することになった最初のターニングポイントは、小学1年生の時

ディスカッションできることがあるのに? 
 湘南インターナショナルスクール(SIS)の幼稚園を卒園し、地元の公立小学校に入学。

 

 だが、そこでの学びはインターナショナルスクールとは全く違うものだったようです。『けんかをした時、どう解決するか』を考える道徳の授業では、プリントには『謝る』という回答だけでした。

 

 今までの幼稚園では、『これが答えだ』と教えるのではなく、みんなはどう思うかを考える時間が多くあり、なぜそのけんかが起きたのか』『どういうコミュニケーションの取り方があるのかなど、他にもいろいろとディスカッションできることがあるのにと不思議に捉えたのです。

 自分が理想とする学び方を提供してくれていた幼稚園のミス・ゲイティー園長先生の元に相談に行き、なんと実際に1年でSIS Grade School学校をつくってもらったのです。

 

 インターナショナルスクールで「自分で考える」教育を受けてきた仁禮彩香さん。小学1年生でその疑問を抱いたことがきっかけで、その後中学生で起業。
 小学1年生で考えた「通いたい学校」とは、自分と相手の考えをお互いに聞きながらよりよい答えを探すせる場所。

 

 その小学校には5年間通い、教材選びや授業内容の策定などの学校づくりの取り組みを行っています。

 


2011年5月に株式会社GLOPATHを設立

中学2年生で株式会社GLOPATHを設立!
 中学校は日本の私立・横浜翠陵中学に進学。

 

 小学校2〜6年生の5年間で学んだ教育の課題や可能性、日本の教育現場から離れたことで、逆に現場の課題や可能性が見えてきました。今度はあえて日本の中学校を受験して入学します。

 こうした日本の教育プロセスに課題意識を持ち、中学2年生で起業。2011年5月に「子どものアイデアを実現する事業」をサービスに同様の志をもった当時中学生の齋藤瑠夏さん、齋藤未月さんと株式会社GLOPATHを設立。横浜翠陵中学はアルバイト禁止により給料はストックオプション制だったようです。

 

 最初に立ち上げたキャッチフレーズは「子どもによる子どものための未来創造企業」!創業メンバーが20歳になったときに会社は後輩に譲渡されています。

 

 こうして横浜翠陵中学校・高等学校を卒業。

 


仁禮彩香「私たちが日本の教育を変えていく」

 中学2年生の時に1社目の会社を設立した仁禮彩香さん。

 

 彼女は、高校1年生の時に自身の母校である湘南インターナショナルスクールを発展支援の目的で買収し経営を開始!

 

 2016年には株式会社TimeLeap(旧Hand-C)を設立し、代表取締役に就任。ここでは、小学5年生〜高校3年生までを対象に起業家体験を通して社会や自分について理解する、自己認識・社会接続・才能発揮の3本柱のオンライン起業家体験プログラム『TimeLeap Academy(タイムリープアカデミー)』を運営されています。

 

 現在はオンラインにより、全国から選抜された生徒27人が対象となっています。

 


仁禮彩香さんの父親・母親(両親)はどんな人?

仁禮彩香さんの父親・母親(両親)はどんな人?
 お父様はサラリーマン、お母様は主婦と、ごく一般家庭のご職業のようです。

 

 仁禮彩香さんのエピソードから、公立小学校を通うことを嫌になり、ご両親に相談した際、否定せずに幼稚園の園長先生と話せる機会を作ってあげた経緯から彼女の父親像がイメージできそうですね。

 

 ちなみに仁禮さんの母親は、仁禮さんがさまざまな疑問を持ったり、考えを主張する時、「なぜそう思うの?」「どうしたいの?」と常に質問形で娘に接し、こうしなさいと言うようなことは決して言わなかったそうです。

 

 これは幼稚園での教育と共通しているでしょう。

 

渋野日向子プロのキャディー、定由早織さん

起業家になる方法”教えます

Dooo「中学2年生で起業家に~“起業家になる方法”教えます」(前編)

 

 

 

Dooo「中学2年生で起業家に~“起業家になる方法”教えます」(後編)

 

 6月にリモート撮影して先日放送されたDoooがTBS NEWS 公式facebookでも公開されました!1日で10万回再生されています!

 

A game to create a world without war | Ayaka Nirei | TEDxKids@Chiyoda

[About Speaker] Ayaka Nirei (仁禮 彩香)

すべては幼稚園から

すべては幼稚園から
 1990年中盤以降生まれの「Z世代」が、いよいよ社会で活躍し始めたということなのでしょうか。

 

 彼女の場合は、問題点や疑問点を周りの人とディスカッション等の手段を用い、客観性を絶えず失わずに将来に向かって活用しているように思えます。

 

 すべては幼稚園から、と言ってもよいのかもしれません。

 

名前:仁禮 彩香(にれい あやか)
生年月日:1997年6月6日
年齢:23才
職業:実業家(株式会社TimeLeap 代表取締役)
ツイッター:@ayakatimeleaper
インスタ:ayakatimeleaper
Facebook:ayaka.nirei

 

マスクは無理、感覚過敏の加藤路瑛(じえい)さんとは?


トップへ戻る