安田成美は韓国人?本名は?

『風の谷のナウシカ』で歌手デビュー
 女優や歌手としても活躍、とんねるずの木梨憲武さんと結婚し3人の子供に恵まれ幸せな結婚生活を送る安田成美さんについて調べてみました。

 

 安田成美さんは中学生のときにスカウトされ1981年には花王「ビオレ」のCMで芸能界に入り、その翌年に放映されたドラマ『ホーム・スイート・ホーム(日本テレビ系)』で女優デビューをされています。

 

 有名なジブリアニメ『風の谷のナウシカ』のテーマソングとして歌手デビューをしています。現在は1994年に放映された映画『そろばんずく』で共演したとんねるずの木梨憲武さんとの結婚を機会に芸能界から遠ざかり、旦那さんとお子様の為に家庭に入られている状況のようです。


安田さんは在日だから

NHK 春よ来いより引用

在日朝鮮人と言われたきっかけ?
 安田成美さんは、1994年10月の放送を開始したNHKの連続小説「春よ来い」の主役に抜擢されました。
しかしながら太平洋戦争を描いたシーンの後、体調不良を理由に途中降板。

 

 テレビ朝日のワイドショーに出演していた塩田丸男氏は、この状況解説を「安田さんは在日だから、植民地の朝鮮で荒稼ぎする日本人の娘を演じたいわけがない」と番組内で発言。

 

 

 このコメントが原因で、安田成美さんは韓国人?と噂をされるようになったのです。朝ドラの降板理由も韓国人だから?

 

 さらにこの発言をした塩田丸男氏は、出演していたレギュラー番組を全て降板という事態に陥っています。

 

 その事由として、安田成美への発言に対して韓国民団からの大きな圧力があったのではないかと言われています。

官報H7年12月21日発行

(本名、鄭成美)

 法務省発行の「官報1995年12月21日付け」によれば、鄭成美という人物の日本国帰化情報があり、そこには安田成美さんと同じ生年月日1966年11月28日と記載されています。

 

  『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(朴一、講談社、2011)発行によれば、「韓国籍の在日コリアンである安田(本名、鄭成美)」とあります。
この官報の情報によれば安田成美さんの韓国名は「鄭成美(チョン・ソンミ)」となります。

 

 1995年12月21日付けということから、安田成美さんは木梨憲武さんと結婚する際に帰化し、日本国籍を取得したということになります。

 

在日本大韓民国民団とは?

日本国内の300を超える拠点で活動
 在日本大韓民国民団は日本に住む、朝鮮半島にルーツを持つ人たちのための人格なき社団。運営資金の6割から7割を韓国政府が負担し、日本国内の300を超える拠点で活動を行っているようです。

 

 活動内容として在日韓国人の相互親睦・韓国文化の紹介等の広報宣伝や日本での地位向上を目的とし、会員は約50万人。日本などに帰化し韓国籍を離れた者も会員として登録が可能となっています。

 

 安田成美さんの父親は東京都内において飲食業・不動産業・パチンコ店の経営をしていたといった情報もあり、在日韓国人の民団幹部だったと噂があります。

 

 さらにお二人の結婚式に韓国民団の関係者が多く参加することから、完全極秘かつ厳重体制をとり結婚式をしたといわれています。結婚式では安田成美さんが韓国のチマチョゴリを着てたのでは?とも。

お子さんは3人

 安田成美さんと木梨憲武さんの間には3人の子供がおり、長男・次男・長女の3人となっています。

 

●長男:幹太くん
●次男:銀士くん
●長女:見晴さん


安田成美

 

生年月日: 1966年11月28日
出生地: 東京都文京区
血液型: B型  身長: 168cm
職業: 女優・ナレーター・歌手
ジャンル: 映画・テレビドラマ・CM
配偶者: 木梨憲武(とんねるず)

トップへ戻る