歴代フォルツァ 初代MF06 ハイパーベルコンシステム

1999東京モーターショー出品 NSS250 
 今でこそビックスクーター3強と過去を振り返ることができますが、当時はエンジンスペックやカウル造形・両眼点灯などライバル車との比較要素も多かったように思います。

 

 そんな中でフォルツァMF06は、軽2輪クラス初のタコメーターを搭載し左右独立型のデュアルヘッドライト、水冷4ストローク単気筒エンジンや前後コンビブレーキなど魅力的な機能を掲げていたように思います。

 

 このフォルツァの型式名は、BA-MF06。実はこのエンジンはフォーサイト搭載のMF04E型の流用活用ですが、チューニングが施され最高出力が22psにアップされています。

 フォーサイトからの進化としてハイパーベルコンシステムがあげられます。

 

ハイパーベルコンシステム
 ワイドレシオベルコンの変速タイミングを2段階に変化させ、エンジンの中速回転時と高速回転時の伸びを最適化。実用領域から高速領域へのつながりを改善し、ストレスのない加速とスムーズな走りに貢献。

 

 ウェイトローラーの配置が異なります。フォルツァ純正のウエイトローラー低速用 21g青い丸 高速用の31g

 プーリー内のウェイトローラー6個のうち3個をグラム数の違うものに変更し、円周方向の高さも調整。
 低速から中速時の6個のローラー移動と中速から高速時への3個の移動と違いがあります。

 

 

モデル名 フォルツァ(MF06) 発売開始年 2000年

エンジンタイプ   水冷・4ストローク・OHC・単気筒
最高出力     22ps(16kw)/7000rpm
最大トルク     2.4kg・m(24N・m)/5500rpm
フロントタイヤサイズ  110/90-13 55P
リアタイヤサイズ    130/70-12 56L
原動機型式      MF04E

 当時は、クリアテールやウインカーなど小まめなアイテムからバーハン、キセノンなど魅力的なアイテムがはやりました。欧州ではJazz、北米地区ではREFLEXという車名で販売されていました。


フォルツァ史上最も売れたMF08!

 

2005年年間販売台数20,575台を記録!
 2004年4月から2007年12月まで製造販売された2代目フォルツァ MF08。

 

 2006年のマイナーチェンジでは7速になり、Dモード、Sモード、オートシフトモード、そして7速マニュアルと4種類のの変速モード切り替えも可能になりました。

 

 なによりフォルツァ史上最も売れたMF08です。

 

大きな変更点
 キャブからPGI-FI(電子燃料噴射装置)に変更になり、Sマチックシステムやスマートカードキーの採用。

PGI-FI(電子燃料噴射装置)

Honda SマチックはFORZA2004年モデルに搭載され、250ccクラスのビッグスクーターで世界初の電子制御ベルト式CVTシステム。サーボモーターを用いプーリーを可動させています。

 

モデル名 フォルツァ(MF08) 発売開始年 2004年

エンジンタイプ   水冷・4ストローク・OHC・単気筒
最高出力     22ps(16.0 kw)/7500rpm
最大トルク     2.4kg・m(23.5N・m)/5500rpm
フロントタイヤサイズ  110/90-13 55P
リアタイヤサイズ    130/70-12 56L
原動機型式      MF08E

 4連メーター(燃料計、水温系、速度計、回転計)と燃費計や時計、それにエラーコードを表示するセンターの液晶ディスプレイは一目瞭然で視認性が抜群!


 

プレミアム・カンファタブル・2シーター

ラグジュアリー感漂うMF10
 ビルトインオーディオを採用した「オーディオパッケージ」やオフセットシリンダー機構のEvolver-4Vエンジン、負荷判別制御つきCVT「ホンダSマチックEVO」など新たな機能を装備したMF10.

 

 レシオコントロールユニットや制御モーターのパワー不足など、総合的なエラーコードの対応を経験すると、Sマチック搭載のフォルツァZのみになったのは少々残念です。

 

 

 

モデル名 フォルツァ(MF10) 発売開始年 2007年

エンジンタイプ    水冷4サイクルOHC単気筒
最高出力     16kW (22PS)/7,500rpm
最大トルク     22Nm (2.2kgf・m)/6,000rpm
フロントタイヤサイズ  前110/90-13(55P)
リアタイヤサイズ    後140/70-13M(61P)
原動機型式      JBK-MF10


トップへ戻る