第93回大曲の花火、日程が決定。

第93回全国花火競技大会「大曲の花火」の日程が決定。
 全国選抜の一流の花火師約30名が参加し、総合的な審査内容として「打上高度と開き」「音と色彩」「リズムと総合美」「意匠と斬新性」「安全性」などの観点から優秀な作品に対し、内閣総理大臣賞、文部科学大臣奨励賞、中小企業庁長官賞、経済産業大臣賞、などの褒賞が与えられる第93回全国花火競技大会「大曲の花火」の日程が決定です。

 

 この全国花火競技大会の競技部門は、昼花火の部と夜花火の部(十号割物・創造花火)の2部構成となっており毎年8月の最終土曜日に行われます。大曲の花火は人気度全国4位、秋田県内では第1位と人気がとても高く、打上数約1万8000発、河畔を埋めつくす約80万人の大観衆を魅了します。

 

第93回全国花火競技大会「大曲の花火」
開催日程:2019年8月31日(土)
昼の部:17:15〜18:00
夜の部:18:50〜21:30

 

会場:雄物川右岸河川敷(秋田県大仙市大曲花火大橋下流河川敷)
打ち上げ場所:サッカー場(雄物川河川緑地運動公園)
電車で行く場合:JR大曲駅から徒歩約30分(約2km)
車で行く場合:秋田自動車道大曲ICから国道105号を大曲橋方面へ車で約7km

 

駐車場あり:無料駐車場あり(19000台)。
一部有料・普通車1台3000円
(駐車場の台数は市内駐車場と河川敷にあります臨時駐車場との合計数)

 

お薦めポイントは?
 大仙市大曲駅前ヒカリオの駐車場
住所:秋田県大仙市大曲通町1?46
オープンしたての交流施設、大曲ヒカリオの屋上駐車場です。屋上には屋根はなく花火も見やすくなっています。駐車料金も最初の2時間は無料で、1時間毎に100円です。
注意点:花火大会の当日は交通規制が引かれ歩行者天国となります。交通規制前の駐車場への乗り入れ及び交通規制解除後でなければ車両の出庫ができません。

 

姫神公園 
住所:秋田県大仙市花館松山1(大曲インターから車で約10分)
新観光秋田30景にも選ばれている公園です。市街地を一望することが可能でジャンボ滑り台やテニスコートもあり休日ともなるとファミリー向けで賑わっています。ハイキング客も多く大平山登山道の昇り口にもなっています。

 

 ここでは専用の放送もありラジオ持参をお薦めします。光と音楽のコラボが楽しめます。少し涼しい風も時折あり、女性は羽織るものを用意した方がよさそうですね。
駐車場は20台。
お問い合わせ:大仙市役所 観光交流課
電話 0187-63-1111

 

有料観覧席は?
 有料桟敷席A席(6名用)23000円(コンパネ敷き畳1.8m×1.8mの広さ)
C席(5名用)15000円(護岸 堤防の斜面の席2m×2mの広さ)
イス席(1名)3000円(パイプイス)
ベンチ席(定員3名) 12000円

 

自由観覧エリア金額 一人1000円 ※高校生以下無料(支払いは当日)
自由観覧エリアは有料です。料金は当日支払います。
※先着順販売。詳しいお問合せは大曲商工会議所(0187-88-8073※0187-63-1111)

 

大変歴史のある花火大会
明治43年8月26〜27日、諏訪神社祭典の余興として奥羽六県煙火共進会が開催したのが起源とされ、4年目以降は全国花火競技会として毎年行われています。

 

2年連続内閣総理大臣賞を受賞
 野村花火工業(野村花火工業株式会社 茨城県水戸市新原1-3-37)は明治8年創業。隅田川花火大会 コンクールの部(東京都)ほか数々の大会優勝の実績があり、この2016年、2017年(2年連続)大曲全国花火競技大会においても総合優勝。
(ちなみに過去2004、2005、2007、2008年、2014年内閣総理大臣賞を受賞しています。)

 

大会テーマは?
 全国から名だたる花火師が大曲に集結する今回の第93回全国花火競技大会テーマは「平生凜々(へいぜいりんりん)〜より安全により芸術的に」です。

 

大曲のご当地グルメは?
 ずばり大曲納豆汁です。各家庭で親しまれてきた郷土料理です。元来の納豆汁に温泉卵とお焦げを加えて『大曲の納豆汁』として鍋コンテストでの優勝もあります。
(鍋の本場『天童・平成鍋合戦』で優勝!)
ちなみに、与謝蕪村が朱にめづる 根来折敷や 納豆汁"という俳句を詠っているほどです。朱塗りの美しい根来塗りの食膳に納豆汁がよく似合い、これを賞しながらの納豆汁は格別だという意味合いだそうです。

 

まとめ
 大曲の花火は人気度全国4位、秋田県内では第1位と歴史と伝統、それには花火師の戦いも見れる大会です。例年75万人以上の観客が押し寄せ、開催日の数日前から宿泊施設は予約で埋め尽くされています。毎年の夏の締めくくりに最高の花火大会となるでしょう。

トップへ戻る