セブン&アイHD 2兆円で米コンビニ業界3位の企業を買収へ

210億ドル(約2・2兆円)で買収
 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3日、米石油精製大手マラソン・ペトロリアム傘下で、ガソリンスタンド併設のコンビニエンスストアを運営する「スピードウェイ」を210億ドル(約2・2兆円)で買収することを決定しました。

 

 買収は来年1月から3月の間に実施し、株式取得も来年になる予定です。セブン&アイは米国では、コンビニ約9000店を展開する最大手となっています。

 

 業界3位で約4000店運営するスピードウェイを買収することで、競合他社を大きく引き離したい考えのようです。


過去の日本企業による海外企業の買収額

海外企業の買収額
 過去の主な国内企業による海外企業の買収金額について見てみましょう。

 

武田薬品工業によるアイルランド製薬大手の買収(6・9兆円)
 ソフトバンクグループによる英半導体設計大手(3・3兆円)
 日本たばこ産業(JT)による英ギャラハー(2・2兆円)


国内の大幅な成長が見込みにくい

約2万1000店舗まで拡大
 セブンイレブンの全国の店舗数は約2万1000店舗まで拡大したが、大幅な成長は見込みにくいようです。
さらに、新型コロナウイルスの影響で業績も悪化し2020年3〜5月期の連結決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比12・8%減の1兆3918億円、最終利益は73・2%減の139億円と減収減益となりました。

 

 海外市場のてこ入れを本格的に進めていく模様です。

 

2020年2月期連結決算業績
グループ売上 11兆9,976億4千3百万円 ※
営業収益 6兆6,443億5千9百万円
営業利益 4,242億6千6百万円
経常利益 4,178億7千2百万円
当期純利益 2,181億8千5百万円

 

セブン&アイ・ホールディングスの見解

5年先10年先を考えて
 セブン&アイ・ホールディングスの井阪社長は、新型コロナの収束のめどは立たないが、5年先10年先を考えて成長に大きなメリットになると判断、買収の意義を強調しています。

 

 

会社概要

名 称 株式会社セブン&アイ・ホールディングス

 

住 所 〒102-8452 東京都千代田区二番町8番地8
電話番号 03-6238-3000(代表)
代表取締役社長 井阪 驤
設 立 2005年9月1日
資本金 500億円
発行済株式数
(2020年2月末現在) 886,441,983株 (1単元の株式の数 100株)

トップへ戻る