フォルツァMF08、スロットルボディ不調について

MF08フォルツァの宿命かな?
 フォルツァMF06とMF08を所有していた頃、ネット上に限らず身の回りでもMF08のエラーコードについて相談を受けた時がありました。

 

 数多くのエラーコードの中でも、Fコードの8回点滅が多かったことを覚えています。

 

 サービスマニュアルと共に、実際にメンテナンスされる方のヒントになればと思い記載してみます。

 

フォルツァMF08、Fコードの点滅回数、エラーコード


落ち着いてエラーコードの点滅回数を確認してみましょう。

Fコードの点滅回数が8回
 今回は点滅回数が8回。推定される故障箇所が、レシオコントロールユニットのメモリ異常についてになります。

 

実際のエラーコードに対するフォルツァ本体は、ムーバブルドライブフェイスの電子制御により速度が上がらない状況になります。

 

 この異常察知により速度の抑制、及び安全な速度での危険回避とメンテナンス喚起や販売店などへの車両チェックを促す意図になってるのでしょう。


故障が推定される場所は?

可能性の高い2つ
 このエラーコードで想定されるパーツは大きく2つ。

レシオコントロールもしくは、スロットルボディ(Throttle body)です。

 

 

一概には決められませんが、Thセンサ(スロットルセンサ)異常の大きな要因は、スロットルボディの不調があげられます。

 

 先代のフォルツァMF06であれば、キャブレーション洗浄(ジェット含め)により解決に至ることがありましたが、FIフューエルインジェクションのMF08ではメンテナンスの仕方も変化しています。

 

「仮面ライダーセイバー」に3輪トライクを起用


交換の必要な部品は、ホンダ純正 スロットルボディーASSY

洗浄メンテナンス不可
 画像を見てみましょう。個別の単体部品ではなく、アッセンブリ化されたパーツとなっています。

 

 不具合時には、このホンダ純正スロットルボディーASSYの一式交換になります。

 

 悲しいことにキャブレター掃除やジェット洗浄などが出来ない構造になっているのです。

 

 それにシリコンコーティングされた電子基盤もユニットとして組み込まれています。

品番は、16400-KSV-K01ホンダ純正 スロットルボディーASSYになります。

 でも、前期・後期の型番の違いがあります。下記の説明も参考までに。


ホンダ純正 スロットルボディーASSY前期と後期について

前期と後期について
 スロットルボディーにも、前期仕様と後期仕様に分類されます。

まず後期の型番は16400-KSV-K01となります。

 逆に前期ロットの品番は、 16400-KSV-J□□など、Jの後の四角に、21や41、42などの数値が入ります。
 細かな検証はしていませんが、初期のJ21などは故障も多少多かったとも聞いたことがあります。

 

前期は、16400-KSV-J21や16400-KSV-J41、16400-KSV-J42など

 


もし選ぶなら

高価なホンダ純正スロットルボディーASSY
 当時の金額でも4万円以上はしたと思います。人によっては、ヤフオクやメルカリにて中古品を安価購入され取付作業を行ったこともあります。

 

 しかしながら、確実なFエラーコードが出ないという動作保証はとれません。
ダメな場合もあり得る前提です。

 

取り外し内容
スロットルボディから付属のレバーを操作し、配線カプラの取り外します。
グリーン枠のレバーです。交換品をつけるときは、この逆の流れで確実に。

もし、安価に代用品であれば後期の品番のなるべく動作確認が保証されたものを選択してください。


エンジンをかける前に

組み込み後に
 取付作業が完了し、エンジンをかける前にエラーコードの表示が出るか確認をしましょう。

 

イグニッションONにより、スピード、タコメーターの動きがありますが同時に、FIランプの点灯があるかを見て下さい。できれば数回のイグニッションのON/OFFの繰り返しを行うのが良いかもしれません。(エンジンはかけません)

 

次に回転数を上下、なるべく通常の走行状態を想定しアクセルワークを行います。

 エラーコードの表示がなければ作業完了となります。


トップへ戻る