2代目フォルツァMF08

過去に2回実施

 2代目フォルツァMF08でのリコール情報は確認できただけで2回あります。

 

1回目 オイルの注入作業が不適切
 製造工程におけるオイルの注入作業が不適切だったことにより、ミッションオイルの有無を点検し、オイルが注入されていないものはエンジン一式を新品と交換です。

2回目 燃料ポンプ一交換
 燃料ポンプ内の樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の材質が不適切なため、燃料ポンプが起動せずエンジンが始動できなくなるおそれにより、燃料ポンプ一式を対策品と交換の合計2つです。

不具合の部位(部品名):動力伝達装置(ミッション)

フォルツァのリコール 概要
 不具合の部位(部品名):動力伝達装置(ミッション)

 

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因

 

 製造工程でオイルの注入作業が不適切なため、ミッションにオイルが注入されていないものがある。
そのため、そのまま使用を続けると、ミッション内部のベアリングが破損し、走行不能となるおそれがある。

 

改善箇所説明図

改善措置の内容

 

ミッションオイルの有無を点検し、オイルが注入されていないものは、エンジン一式を新品と交換する。
自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

 

・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo.1362のステッカーを貼付する。

 

対象範囲
車名   ホンダ
型式   BA-MF08
通称名  フォルツァ

 

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

MF08-1015270〜MF08-1015328
対象車の台数  38
平成16年11月16日〜平成16年11月19日

 

(計1)(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成16年11月16日〜平成16年11月19日
(計38)

 

お客様相談センター
《受付時間》9:00〜12:00/13:00〜17:00
二輪製品
フリーダイヤル 0120-086819

 


フォルツァのサービスキャンペーン

フォルツァのサービスキャンペーン

 燃料ポンプ内の樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の材質が不適切なため、燃料により膨潤したインペラが内部で干渉するものがある。 そのため、エンジン始動時にインペラ干渉部の抵抗が大きくなって燃料ポンプが起動せず、エンジンが始動できなくなるおそれがある。
改善の内容
燃料ポンプ一式を対策品と交換する。使用者に周知させるための措置ダイレクトメールで通知する。

 

対象範囲
車名    ホンダ
型式    BA-MF08
通称名  フォルツァ
対象車の車台番号の範囲及び製作期間
対象車の台数   

 

MF08-1011203〜MF08-1027011
平成16年9月13日〜平成17年9月9日
15,646

MF08-1100012〜MF08-1102389
平成17年3月3日〜平成18年2月14日
2,371

MF08-1200001〜MF08-1210440
平成17年6月27日〜平成18年3月14日
10,428

MF08-1300015〜MF08-1306684
平成18年3月2日〜平成18年5月29日
6,664

(計1)
(計1車種)

 

(製作期間の全体の範囲)
平成16年9月13日〜平成18年5月29日
(計35,109)

 

※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。
※本件は、平成19年8月20日より改修を開始したサービスキャンペーンで、当時対象外としていたものの中から不具合が発生したため、対象車両を新たに追加するものです。

※対策後の識別: センタースタンドブラケットに白色ラベル〔KB11〕を貼り付ける

トップへ戻る