グランドディンクの後継モデルとして登場したGディンク250i

フォルツァやPCXそっくり 
  台湾のバイクメーカー
『キムコジャパン』より発売中のGディンク250i。

 

 ABSが標準装備されUSBチャージャーとシガーソケットのダブル電源を兼ね、250tスクーターでありながら価格は驚異の\440,000(消費税10%込)でリリース。

 

 グランドディンクの後継モデルとして登場したGディンク250i。
そのスペックや操作性も含め調べてみました。


G-Dink 250iの動画はこちら!

まずG-Dink 250iの動画はこちら!

特徴的なフラットフロア

優れた乗降性を実現
 250ccスクーターでは珍しく、フラットフロアにより優れた乗降性を実現。

 

 これによりズボンの裾が汚れたり、引っ掛かりを気にすることなく乗り降りができます。フルフラットなステップボードにより、ラクに乗り降りが可能です。

 

 またフロア部分に荷物を積載することも可能です。さらに耐荷重1Kgまでのコンビニフックが多い中、こちらは3Kgまで対応が出来ます。

 

 シート高は780mmとなっており、足着き性に問題はなさそうですね。
 シートにはダブルダンパーが装備され、メインスイッチ部の操作で自動オープンします。


G-Dinkスペック

G-Dink 250i 主要スペック

 

エンジンタイプ 水冷4ストローク SOHC 2バルブ単気筒
燃料装置 フューエルインジェクション
総排気量 249cc
内径 × 行程 (mm) 72.7X60.0
圧縮比 10.3
最高出力 14.6kw(19.9PS)/7,500rpm
最大トルク 20.9Nm(2.1)/6,500rpm
変速機型式 CVT
始動方式 セルフ式
装備重量 182 kg
全長×全幅×全高 2115mm x 770mm x 1360mm
シート高 770 mm
軸距 1450mm
燃料タンク容量 9.0 リットル
タイヤ(前) 120/70-13
タイヤ(後) 140/70-12
ホイール アルミニウム
サスペンション形式(前) Φ35mm テレスコピック式
サスペンション形式(後) 5段階調整式ツインショック
ブレーキ形式(前) 240mm フローティングぺタルディスク
ブレーキ形式(後) 200mm ディスク
キャリパー(前) ピンスライド O27mmX2 ピストン
キャリパー(後) ピンスライド O25.4mmX2 ピストン
ABS BOSCH9.1M ABS 標準装備
カラーラインナップ ホワイト、マットレッド、ディープパープル
メーカー保証 3年保証(距離無制限)
生産地 台湾
メーカー希望小売価格(税込) \440,000(消費税10%込)

 

福島県の郡山女子大学のコロナ感染、女性教授の人物像


まとめ

最高出力19.9ps、トルクは20.9Nm 
 搭載エンジンは、電子制御式燃料噴射装置を採用した2バルブのSOHC単気筒でユーロ4の排出ガス規制基準値を60%下回ります。

 

 排気量は249ccで最高出力14.6kw(19.9ps)/7500 rpm、最大トルクは20.9Nm(2.1kg・m)/6500 rpmを発生。

 

 このスペックは、フォルツァやマジェスティと比較するとまだまだですが、外見デザインのLEDラインライトや価格に見合う装備を考えるとコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

 

 ただし、高速道路やバイパスなどでのパワー不足は否めないでしょう。


トップへ戻る