新型コロナウイルスによる影響で、株価が大暴落

新型コロナウイルスによる影響
 2020年4月13日放送分、日本テレビ系「月曜からよふかし〜日本の大大大問題!春の全国一斉調査SP〜」に、株主優待だけで生活する投資家の桐谷広人さんが出演。

 

 新型コロナウイルスによる影響で、株価が大暴落しご自身の所有する株価にも大きく影響していたというのだ。


70歳にして家を買う

マンションを購入を予定
 70歳を迎える桐谷広人氏は過去の番組で、永遠に生きるかなと発言し、人生には期限がないと思っていたそうだが、「ずっと今の生活が続くと思ったけども、そうでもないのかなあ」と最近考えるようになったそうです。

 

 番組内では、70歳になった自分を振り返ると、あらゆることを先延ばしにしたまま人生が終焉してしまう......。

 

 そんな中、いつもは手を付けない現金を「少し使ったほうがいいのかな」と考えるようになり、「家を買う」という発想に至った経緯を説明。

マンションの購入は保留に

まさに人生はジェットコースター 
 そんな桐谷さんの予算は、預貯金と同時に株を売却し、購入を検討していた金額が約1億円弱。

 

 ところが世界情勢は甘くなく、新型コロナウイルスによる影響により株価が大暴落。

 

 さらに桐谷さんの講演が、2月の後半から5月まですべて中止に。

 

 結果として、マンションの価格を上回る資産が2週間程で消失したようです。実際に1億数千万円ほどの時価総額が減ってしまったとのこと。

 

 番組では、まさに人生はジェットコースターと締めくくっていました。


トップへ戻る