クラスの窓ガラスが爆風で飛び散る被害に

爆発の現場から200メートル程に位置
 7月30日午前8時55分ごろに発生した郡山市島の「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」の大爆発。

 

 爆発の現場から200メートル程に位置する「郡山女子大学附属高校」は爆発を受けて急遽授業時間を短縮し、午前11時に一斉下校の措置を取った。

 

 


 当時テスト中だったクラスの女子生徒は、心臓に響くような音がして衝撃が凄く、怖かったですと話す。

 

 教室などの窓ガラスは爆風により30枚以上割れたが、テストを受けていた全校生徒およそ500人にケガはありませんでした。

 

爆発事故の店舗は「しゃぶしゃぶ温野菜」!郡山市


郡山女子大学附属高等学校・佐々木貞子校長

ショックを受けたおよそ15人の生徒

この爆風について郡山女子大学附属高等学校・佐々木貞子校長は、
「窓を閉めていたクラスのガラスがほとんど爆風で飛び散りました。それを身体にうけた生徒が沢山いるのですが、血がでるようなケガには至らず安堵しています」と話しています。

 

 またショックを受けたおよそ15人の生徒が保健室を利用したとのことです。なお7月31日は通常通り終業式を行う予定です。

 

仁禮彩香さん、起業家、慶応大生のビジョン。父親は?

 

無免許で9年間教壇に…郡山女子大学付属高校


現場は

トップへ戻る