CBR1000RR-R FIREBLADE

CBR1000RR-R登場!
 イタリア・ミラノで開催されたEICMA2019では、世界初公開となるホンダの新型モデルCBR1000RR-R FIREBLADE 及び CBR1000RR-R FIREBLADE SPが発表されました。

 水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンは、前モデルのCBR1000RRと同じですが最高出力は160kw/14,500rpm、218馬力に!

 

 エンジンの搭載位置は車体のほぼ中心にあり、理想的な前後の輪分担荷重を50:50を実現しています。

 

 MotoGPマシン・RC213Vのノウハウが惜しみなく導入され、サーキットで勝ち続けるための最強のスペックがここにあります。


MotoGPマシンの技術

インナーフェアリングウィングレット
 MotoGPマシンの技術で使われるようになり一時話題となったウイングレット

 

 これはアッパーカウルの下に設けられ、ダウンフォースの発生、それにスタートやコーナーの立ち上がり時の加速途中に起こりうるウイリーの抑制を目的としたものとなっています。

 

 またコーナー進入時やブレーキング時などの車体の安定化にも大きな役割を担っています。

 

ホイールベースは従来型の1405mm→1455mmに

 

 ウイングレットは、実際にはドゥカティ・パニガーレV4Rが先に採用しているようですが国産ではホンダが最初となり、データ計測では4速までのフル加速が0.6秒早く記録されたようです。


異次元の走りがそこに

2019年Moto GPシリーズチャンピオン

マルク・マルケス

CBR1000RR-R “Born to Race”

フレームも新設計

 ブレンボ製フロントキャリパー、オーリンズ製の電子制御式フロントフォーク&リヤサスペンション。

 

 ヨーロッパのエキゾーストメーカーアクラポヴィッチ(AKRAPOVIC)が、マフラーのサイレンサーの開発に協力し、低回転トルクと高回転パワーの両立のために設計も担当。

 

 さらにレーススタート用のスタートモードも装備し、スロットルを大きく開いても、エンジン回転数を6,000、7,000、8,000、9,000rpmに制限。これによりライダーはクラッチのみに専念することができます。

 

strong>ホンダ CBR1000RR-R FIREBLADE/SP

 

エンジン:水冷4ストローク16バルブDOHCインラ??イン4
排気量:1000cc
ボアストローク:81mm x 48.5mm
圧縮比:13.0
燃料システム:PGM-DSFI
燃料タンク容量:16.1L
燃費:16.0km /リットル
ミッション:6速最大出力:160Kw(217.5PS)/14,500rpm
最大トルク:113Nm(11.5kgf・m)/12,500rpm
オイル容量:4.0L

 

フレーム:アルミニウム複合材ツイン
全長x全幅x全高:2100mmx745mmx1140mm
ホイールベース:1455mm
キャスター角:24°
トレール:102mm
シート高:830mm
最低地上高:115mm
車両重量:201kg

 


サイレンサーは車体側に寄せ細く長く

サイレンサーとバンク角
 サイレンサーは車体側に寄せ細く長くしたことによりバンク角の確保に配慮されています。

 

 排気バルブもアクラポビッチと共同開発、特許出願中のバルブストッパーが閉じたときに発生する排ガスの漏れと騒音を低減しています。

 

 エキゾーストパイプは、4-2-1の集合形式となり2-1の集合部に、直径が従来型より10 o拡大されたキャタライザーがセットされています。

 

 


トップへ戻る