ポルシェ追突事故、彦田嘉之容疑者か?

100キロ以上出したことは間違いない。
 2日午前8時15分ごろ、川崎市川崎区扇島の首都高速湾岸線で乗用車2台が絡む事故があり、国産車を運転していた東京・江戸川区の内山仁さん(70)と妻の美由紀さん(63)が病院に運ばれましたが、2人とも死亡が確認されました。1人が負傷しています。

 

 神奈川県警高速隊は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、後方から衝突した車を運転していた会社役員、彦田嘉之容疑者(50)=東京都江戸川区南葛西7=を現行犯逮捕。

 

 

 

 現時点で判明していることは

首都高湾岸線 東扇島付近追突事故

 

ポルシェを運転していた会社役員

 

東京都 江戸川区 在住
彦田嘉之 容疑者(50)
過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕

 

彦田嘉之 容疑者
「スピード出し過ぎちゃった」 「100キロ以上出していたのは間違いない」

 社会人としてあまりにも軽率かつ無責任なコメントで決して許されるものでがありません。


ポルシェに追突され、車の男女死亡

 事故発生当初は2人は重体でしたが、その後死亡が確認されました。
また追突した車に乗っていた彦田容疑者の息子も腹を打撲しています。

 

 コロナにより首都高も空いていたのかもしれませんが、これほどの衝撃と事故を起こしたポルシェの性能・スペックから実走行速度は何Kmだったのでしょうか?

 

判明している状況は、ポルシェ 911GT2RSとトヨタbBの衝突事故です。


普段からそんな感じの運転はしてたね。調子に乗りすぎ

Yahoo.コメント欄には
 このポルシェに対して、

 速度取締り機の前だけすごい減速して、トンネル内とかすごい飛ばしてた。
目立つからよく覚えている。
殺人犯になったね、でも普段からそんな感じの運転はしてたね。調子に乗りすぎです。

 と投稿があります。普段から法定速度違反の常習運転が伺えます。
正しくいつかは大事故にが、現実のものとなってしまいました。


ポルシェ 911GT2RS

最高スペックのモデル911GT2RS
 興味深いのは、911GT2RSのスペック。ポルシェが今、市販している最高スペックのモデルは911GT2RSです。
991型をベースに徹底的な軽量化、その車体に700psという超弩級の3.8リッターのフラット6ツインターボエンジンを搭載。

 

 しかも各種電子制御のRWD。0→100km/h加速は2.8秒とポルシェ市販車最高のスペックとなっています。


「甘やかされて育った」家庭環境

ガソリンスタンドを経営 
 東京都江戸川区南葛西2-1-4にて、昭和シェルのフランチャイズのガソリンスタンドを経営する彦田産業梶B家族で経営する彦田産業鰍フ役員を務める彦田嘉之容疑者。

2008年になされた登記簿には、
取締役彦田正夫   取締役彦田富枝
取締役彦田嘉之   取締役彦田和紀
監査役彦田春光

 彦田正夫さん、彦田富枝さんは彦田嘉之容疑者のご両親のようです。東京都江戸川区東葛西周辺には、彦田一族が所有する土地や賃貸物件も確認されています。本家はかなりの資産家であり、分家である彦田嘉之容疑者の一家も恩恵を受けていることが伺えます。

 

 またネット上ではすでに記されていますが、裕福な家庭環境かつ甘やかされて育った経緯も判明しています。

 

 週末はポルシェに乗り、スポーツカーが集まる大黒ふ頭へと向かうスタイルは他にもいるでしょう。でも、今回の件に対する責任については今までのような金銭で解決できる内容ではないのです。

 

 

 

 

 

まとめ

 最新ハイパーカーの異次元の高性能を公道で、しかも100Kmオーバーのステアリングや緊急回避時のオーバステアや後輪の制御等が首都高のあの直線ラインで瞬時に対応できるわけがないでしょう。

 

 走行会などサーキットを貸し切り、運転した方にはわかるとおもいますが日常の公道でのあの加速とブレーキングでも車体安定性の維持は難しいのが事実です。どれだけの小手先のテクニックかわかりませんが、ハンドルを握る資格さえもなかったと思います。

 

 むしろそれだけの財力があれば、サーキットの貸し切りで思う存分自らの限界を知った方がよかったのかも知れません。

トップへ戻る