バッハ「G線上のアリア」を弾きたい!

第2曲「アリア(エール)」
 「G線上のアリア」は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲した『管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068』の第2曲「アリア(エール)」です。

 

 この第2曲を、ヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミがピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のために編曲.。

 

 

 ニ長調からハ長調に移調されているため、ヴァイオリンの4本ある弦のうち最低音の弦、G線のみで演奏できることが由来となっています。

新宿の総合音楽教室なら小林音楽教室


バッハ「G線上のアリア」動画はこちら

楽譜を無料でダウンロードできます!

楽譜を無料でダウンロードできます!
 ヤマハの「ぷりんと楽譜」は、会員登録することにより欲しい楽譜を1曲無料でダウンロードが可能です。

 

 購入したデータはすぐにプリンターで印刷できるので、自宅にいながらにして24時間いつでも欲しい楽譜を手に入れることができます。

 

 「G線上のアリア」を弾けたらでなく、すぐにでも弾いてまわりの方を驚かせてみてはいかがですが。音楽への情熱は未知数です!

 

 

東京最高峰の総合音楽教室《小林音楽教室》

アリアとは?

アリア (イタリア語: Aria、 英語: Air(エア))
 アリア (イタリア語: Aria、 英語: Air(エア))とは、叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲でオラトリオ、カンタータ、オペラ、などの中に含まれるものを指します。

 

G線上のアリアとは?
 G線上のアリアとは、通称は、ヴァイオリンの4本ある弦のうち最低音の弦、G線のみで演奏できることに由来しています。

 

福島県の郡山女子大学のコロナ感染、女性教授の人物像

小林音楽教室とは?

 

 30年の伝統と実績に基づく音楽教育がここにあります。

 

主宰からのメッセージ

 

 

東京最高峰の総合音楽教室《小林音楽教室》

 

小林音楽教室(東京)

トップへ戻る